医師の先生の開業支援サービスを無料で承ります。

診療圏調査の目的とその必要性について

診療圏調査の目的とその必要性について


クリニックの開業を成功させている開業医のほとんどが、案件を決める前に診療圏調査を行っています。

診療圏調査はクリニックの開業をしていく上で、どのように役に立つものなのでしょうか?
診療圏調査の経験が無い開業希望者の方達に向けて「診療圏調査の目的と必要性」について解説します。

■診療圏調査の3つの目的

診療圏調査を行う目的としては、以下のようなものが挙げられます。

1 経営の成功率を判断するための材料にする
診療圏調査は、調査対象となる地域での経営が成り立つかどうかを判断する上で必要となるものです。
調査をした結果、その地域での経営が成功する確率が低いと判断された場合は、別の地域での開院を検討する必要があります。

2 金融機関から融資をしてもらうための資料にする
金融機関から開業をする上で必要となる資金を融資してもらうためには、診療圏調査をして推定売上高を算出する必要があります。
推定売上高をそのほかの調査結果と一緒に提出すれば、銀行から融資をしてもらいやすくなります。

3 経営の方法を決める上での材料にする
クリニックの経営を成功させるためには集患や患者へのサービス、診療サービスの内容を明確にしなければなりません。
診療圏調査を行い、科目毎の需要や年齢層を明確にすることで、クリニックを経営していく上での強力な武器としていきましょう。

■診療圏調査で調べる4つの要素

診療圏調査の目的とその必要性について

診療圏調査で調べる内容はさまざまですが、必ず調べておきたいのが以下に挙げる4点です。

1 地理的要因
患者を集めるためには、そのクリニックの視認性の良さや通いやすさを知ることが重要です。
「開業場所は人通りが多いか」「交通手段は何か」「周辺に商業施設はあるか」「近隣に住宅街やマンションが多いか」などを調査し、来院人数を判断する上での材料としましょう。

2 人口動態
人口が多いほど市場規模も大きくなるため、人口については必ず調べておかなければなりません。
「男女別・年齢別の人口構成」「家族構成」「住宅状況」「診療科目に対応する人口はどれくらいいるか」などを調査し、患者分析に役立てましょう。

3 競合医療施設
患者を獲得していく上での競争相手となる施設を知っておくことは、必須の要件となります。
診療圏内にある競合医療施設の数や場所、そしてそこで働く医師の外来数や出身大学については、必ず調べておきましょう。

4 推定患者数
診療圏内における見込み患者数を把握することも、とても重要です。
人口動態調査の結果や厚生労働省の資料などを参考にして、1日あたりの推定患者数を算出しましょう。
推定患者数を事前に知っておくことで、収入の目安を判断したり、目標患者数を設定する上での役に立ちます。

診療圏調査はクリニックの開業をする上での必須の要件ではありませんが、診療圏調査をせずにクリニックの経営を成功させるのは賭けのようなものです。
本格的に案件を選定する前に、診療圏調査は必ずしておきましょう。

アプトは上記を加味した診療兼調査を提供しております。ご不明点などございましたらぜひ一度お問い合わせ下さい。

医師の為の無料開業サポート 申し込む
Go Top
空白画像