医院・クリニック開業に関する疑問にお答えいたします
line
  • Q
    開業までの準備にどのくらいの期間が必要でしょうか?
    空白画像
  • Q
    開業形態や状況により必要な準備期間は違ってきますが、一般的な目安として、物件が決まってから開業までは約6ヶ月が必要です。

    ただし現在の仕事を継続しながら開業準備を進める場合は、仕事の合間などを使ってクリニックの立ち上げ準備を行うことになるため、さらに期間を要すると考えておいた方がいいでしょう。
    開業をご希望の場合は、余裕をもって取り組むためにも早くから事前準備に取り掛かることを強くお勧めします。

    弊社では開業相談から開業までプロがサポート致します。
    誰でもはじめは分からないことばかりなので、是非当社コンサルタントを有効にご利用ください。 詳細については開業支援サービスの流れのページをご覧ください。
    空白画像
Go Top
  • Q
    どのくらいの広さの物件が適当でしょうか。
    空白画像
  • Q
    当然ながら先生のコンセプト・科目や設備により、適当な広さは異なります。
    例えば一般内科であれば30~40坪あたりが適切ですが「待合室を広くしたい」「キッズスペースを充実させたい」など、先生のご希望によってかなり変わってくるでしょう。
    コンサルタントにご相談いただければ、必要な広さをすぐに算出いたします。

    各診療科の標準的な広さとしては以下のようになります。
    ・内科…30坪~
    ・心療内科…20坪~
    ・小児科…30坪~
    ・整形外科…50坪~
    ・眼科…30坪~
    ・耳鼻咽喉科…30坪~
    ・皮膚科…20坪~
    空白画像
Go Top
  • Q
    適切な物件の選び方を教えてください。
    空白画像
  • Q
    適切な物件は、1つの要素で決定できるものではなく、以下のような要素によって大きく変わってきます。

    ・先生の専門科、診療科目
    専門科や診療科目によって、必要となる広さが変わる。

    ・現在の勤務先医療機関
    現在の勤務先に近いと、勤務中の医療機関と提携できる。

    ・協力できる医療機関が近くにあるか
    医院開業を成功させるためには、他医療機関の協力があった方が有利となる。

    ・立地の良さ
    駅から近いか、郊外型の場合は駐車場が確保されているか、視認性は保たれているか、患者は通いやすいか、など。

    ・先生の出身地
    開業する場所の事情に詳しいほうが、医院開業を成功させやすい。

    これらの要素を踏まえた上で、コンサルタントと一緒に診療圏調査などから総合的に判断して物件を選ぶようにしていきましょう。
    空白画像
Go Top
  • Q
    診療圏調査とはなんですか?
    空白画像
  • Q
    医院を開業する地区で、どの程度の患者数が見込めるかを調査するのが「診療圏調査」です。

    診療圏調査では(特定の住所を中心に半径0.5km・1km・2km等の)住民の年齢構成や男女比、住宅街なのか商業地域なのか、近隣の医療機関の数などを調査してまとめます。
    診療圏調査をすることで、具体的に収益予測ができる経営計画を立てることができます。
    空白画像
Go Top
  • Q
    開業資金を全額用意できないのですが。
    空白画像
  • Q
    融資について資金を単に調達するだけではなく、金利や返済期間等、より有利な選択肢をご提供できるようサポートさせていただきます。
    空白画像
Go Top
  • Q
    経営が成り立つか心配です。
    空白画像
  • Q
    アプトの開業支援サービスでは診療圏調査を実施することにより、来院する患者数の増加予測や従業員の人件費等を予測し、収支のシミュレーションを行っています。
    開業に不安はつきものですが、アプトでは成功の見込みをしっかりと立て、アドバイスをさせていただきます。

    開業後も不安な点等ございましたら、ご相談に乗らせていただきますのでご安心ください。
    空白画像
Go Top
  • Q
    勤務医をしながら開業の準備を進めることは可能ですか。
    空白画像
  • Q
    可能です。
    多くの先生が、勤務医をしながら開業の準備をされています。
    しかしその場合は、開業に向けての準備もかなり多くなって大変ですし、エネルギーが必要なことも事実です。

    だからこそ、開業支援サービスをご利用いただきたいと思います。
    開業支援サービスによってかなりの事務的作業をアウトソーシングすることができ、大切なポイントをしっかりチェックすると同時に負担を軽減させることもできます。
    空白画像
Go Top
空白画像