事業計画書に基づいて費用をどうするか?自己資金だけで開業が無理な場合、何処かからの資金調達が必要となります。

無理のない事業計画を作成し、その内容に照らし合わせ計画的な返済を考慮しなければなりません。

また急な出費が発生する事も考え、ある程度の資金を手元に残しておくことをおすすめします。

空白画像

資金調達先の例

例1

早期の段階から貯金しましょう

例2

親が金銭面で余裕がある方なら贈与や借りたりするのも手段の一つです。ただし気を付けるべき点は後々のトラブルにならないよう身内であっても契約書を作成しましょう

例3

福祉医療機構、医師会提携融資、日本政策金融公庫等々

例4

都市銀行、地方銀行等々

例5

医療機器のリースだけではなく融資も行っています。

リースの計算はリース料 試算プラグラムのページから可能です

融資を受ける際にも融資額、返済期間等々条件によりますが、事業計画書、各種見積もり等々が必要に応じて書類を用意しなくてはなりません。

アプトでは先生の開業方針・環境・ご希望に応じ、事業計画書と併せて開業時に最も有利な資金計画をご提案します。

資金計画の詳細についてご興味がある方は、アプトまで一度ご相談ください。

Go Top
空白画像