医院の設計・施工の考え方

開業において建物・内装に対して漠然としたイメージや希望をいかに具体化していくことがポイントとなります。
診療コンセプトからはじまり、動線、アメニティ等々まで、患者さんからスタッフまでが快適となるように考慮しなければなりません。
それら全てを実現する為に、ノウハウや実績のあるコンサルや設計士、建築会社とよく相談することが必要です。

アプトでは今までの数多い経験から、最適な建築・内装プランニングをアドバイスします。

空白画像

2つの視点を持つ

医院の設計・施工を考える場合には、医院内での動線を考えることが大切です。

患者さんの動線 働く側(医師・スタッフ)の動線

つまり、患者さんにとって良い医院であると同時に、そこで働く人たちにとって、働きやすい環境であることが望ましいわけです。

時として患者さんの視点を忘れてしまうことがあります。患者さんになったつもりでチェックすることは有効です。

考慮するポイント

ポイント1

診療室、待合室、受付、トイレはそれぞれどうあるべきか。それぞれに何を求めるのか。広さや配置はどうなのか。

ポイント2

患者さんにとって快適かどうか。医師やスタッフにとって快適かどうか。動線に問題はないか。

ポイント3

医院の雰囲気や印象はどんな感じが望ましいのか。それを実現するために、どんな内装にし、どんな色を使い、何を置くのか。待合室は当然ですが、トイレなどもきちんと考えておきます。また、内装だけでなく、そもそも医院に入りやすいかといった外観についても考えます。

ポイント4

医療機器や電子カルテ・レセプトシステムなどをどのように配置するのか。特殊な考慮点はあるのか。

ポイント5

電気・水道・空調等の基本的なインフラ設備に問題はないか。医療機器等を導入する際に電源等の問題はないか。

ポイント6

段差等の問題はないか。手摺などは適切に設置されているか。その他、科目に応じて患者さんにとって使いやすい施設となっているか。車椅子の患者さんへの対応は考慮されているか。

ポイント7

患者さんのプライバシーも考慮する。

Go Top
空白画像